ほくろの除去治療を受けよう【身体的負荷軽減を第一に考えて手術】

得意技能は照射型です

顔を触る人

医師が選ぶレーザー機材

国内実装されているレーザー機材の多くは、患者の肌の状態やほくろの大きさによって、使用する機材に違いがあります。この違いによって術痕が残らない手術を可能としているため、ほくろ除去の人気上昇に大きく貢献しています。多くの医療機関や美容機関で実装されているCO2レーザーは、大きさ3mmまでの小さなほくろ除去を得意としています。そのためレーザー治療の受診が初めての人の人気を中心的に集め、費用も2万円までの低価格に安定している特徴があります。ほくろ除去できる大きさに限界はありますが、強く隆起し濃い色のほくろ除去にも使えるので、真皮に侵食しているようなほくろにも対応できます。料金加算の仕組みはレーザーを1回照射する毎に1000円の費用が発生し、合わせて除去対象のほくろによって値段が変わってきます。除去対象のほくろの浸食が浅ければ、少ない照射回数で済ませる事ができ、最低料金は5000円程の手頃な料金に落ち着き人気を確立しています。次に3mmを超す大きなほくろ除去についてですが、高周波治療と呼ばれている手段が主流の治療法として有名です。人気の秘密は施術回数が極端に少ない点で、大きさ5mmまでのほくろならば1回10分の施術を1回受診するだけで除去できる特徴があります。強力なほくろ除去方法ですが、傷口の修復をほくろ除去と同時に行う機材もあるので、術痕は凝視しても分からない程に軽微な物になります。そのため美意識の高い女性からの人気が高く、費用も最大で3万円以下に落ち着いている点がさらなる人気の要因になっています。美容整形外科の専門機関の多くで実装されている機材なので、どこでも受けられるという印象も与える事に成功している機材でもあります。肉体負荷を極限まで軽減したいならば、Qスイッチルビーレーザーも多くの受診希望者の人気を獲得している治療法です。このレーザー照射タイプは、少し強めの出力のレーザーで段階を分けた照射治療を得意としているので、負荷軽減志向の治療が可能です。出力は強くなっていますが、センサーによって照射対象をメラニン色素のみに限定しているので、術痕が残る確率がほぼ0に近い特徴があります。その上肌の状態に合わせてレーザーのモードチェンジを手軽にできるため、敏感肌の方でも受診できそれが人気獲得の大きな要因になっています。費用は高額プランでも3万円程と高周波治療と同じ様な構成なので、医師にどちらが良いかを判断したもらい受診する人が多くいます。

Top