ほくろの除去治療を受けよう【身体的負荷軽減を第一に考えて手術】

施術に優しさを提供

先生

徐々に治療していく方法

照射回数を分けてレーザーによる治療行為を行えば、身体的負担軽減を効率的に行える利点があります。ほくろ治療はこの影響を生かした治療方法として知られ、多くのレーザー機器で段階的照射治療が採用されています。有名な治療事例ではQスイッチルビーレーザーの使用の認知度が高く、治療行為をメラニン色素に集中させるやり方は身体的負荷軽減に貢献しています。術痕の形状は除去対象が大きなほくろでも残ることは少なく、術後すぐに表れる赤みや腫れも少ない特徴があります。経過観察の大きな傾向としては術後から徐々にかさぶたを形成し、その後1週間から10日くらいで剥がれ落ち綺麗な肌になります。それまでは照射した患部に対して専用のテープで保護しますが、その上から化粧もできるため日常生活へ影響が出る事はありません。またテープで保護するアフターケアならば、炭酸ガスレーザーもほくろ除去において積極的な使用が行われています。Qスイッチルビーレーザーと違い、こちらは真皮にまで根付いたほくろの除去を可能としている特徴があります。そのためほくろ除去後の再発可能性をなくせるので、人気の高い治療方法として知られています。レーザー照射の威力は段階を踏んだアフターケアで対応していく事になり、最短でも3か月の術後ケアの予定を立てる事例が多くあります。よって医師の手厚いサポートを受けられる特徴のある治療方法として広く知れ渡っています。また炭酸ガスレーザー治療の亜種として高周波発生装置を用いた治療方法もあり、こちらは出力バランスをコントロールしやすい特徴があります。大きなほくろ除去には高周波電気メスで切開施術を施し、小さなほくろは電気の力でほくろを焼却する処置方法が使用できます。使用用途として多いのは病理検査でほくろに病気の原因が隠されていない事例で、ほくろをくり抜くようにして除去します。必要に合わせて高周波の照射中に皮膚の治癒も行うので、汎用性の観点からも使用用途の広い治療方法です。さらにくり抜く方法では医療用メスを使用した方法も、頻繁に採用される治療法として有名です。有名になった理由としては、ほくろ組織の根本的な除去ができる点が挙げられ、術後の肥厚性瘢痕を防げる特徴を持ちあわせています。医師によっては縫い合わせをあえて隆起させ、術痕を段階的に綺麗にする方法も用いられるので、受診機関によってクオリティーの方向性が違う特徴もあります。使用用途の中では脇下や膝裏といった目立たない場所のほくろ除去に適しているため、患部に合わせた治療法を受診しましょう。

Top