ほくろの除去治療を受けよう【身体的負荷軽減を第一に考えて手術】

患部によって違います

看護師

受診機関と施術方法

波数形態を変える事でメリットの違う治療方法を確立し、現代ではその種類が多岐に渡って進化を遂げています。近年一番進化しているのが他の美容施術でも使用されているダイオードレーザーで、ほくろ除去専用の照射波数にカスタマイズされています。カスタマイズは主に波長の長さに対して行われ、ほくろのある部位の真皮にまで届き、除去治療だけでなく美容成分の分泌状況も向上されます。照射方法は主にワンショットタイプを採用し、ほくろの深度に合わせて複数回の受診で経過を見ながら治療できるメリットがあります。得意なほくろタイプは5mm以下の大きさで、それ以上の大きさには施術デバイスがメスタイプの波長発生装置を使う事になります。メスタイプは医療用メスに術痕治癒促進の効果がついているため、医療用メスよりも術痕の綺麗さを優先した施術が期待できます。どちらの波長発生装置でほくろ除去を行っても、費用は初診察料含めて4万円以下で済む事が多いので、どちらが良いか医師の判断に任せる事をお勧めします。これら波長発生装置は比較的新しい技術で、ほくろ除去には歴史のある冷凍治療法もあり皮膚科を中心に、多くの専門機関で受診できます。波長発生装置との大きな違いは、行政の認可を受けているので健康保険の費用サポートを受けた形で受診できる事です。なので費用が2000円前後の低水準で落ち着き、施術確立の歴史の影響で安心感のある施術として多くの人に把握されています。この様に施術によって費用や施術器具に違いがありますが、どのほくろ除去を採用しても悪性黒色腫の検査は必ず受診してください。悪性黒色腫は他の部位に転移する速度も速く、それに対応するべく冷凍療法の積極的採用が行われている傾向があります。また併用する治療方法としてビタミンを含んだ軟膏の処方も行っているので、患部に最適な方法を医師に提案してもらってください。波長発生装置による除去を希望する場合は美容整形外科、冷凍療法の場合は皮膚科の受診が最適解なので、受診機関選別の情報として留意してください。美容整形外科の場合は術痕のクオリティーが高く、皮膚科の受診はコストパフォーマンスが優れており、自分の好みで選択してみましょう。ただしほくろと併発した病気の発見は高齢になる程重要なので、不自然にほくろが肥大化した場合は皮膚科の受診がお勧めです。一方美容整形外科での受診では、術後にメイクがすぐできるように専用のテープで患部を保護するので、生活への影響を無くしたい方にお勧めです。

Top