ほくろの除去治療を受けよう【身体的負荷軽減を第一に考えて手術】

医師と協力しましょう

カウンセリング

秘密は早期発見と相談

大きく隆起したほくろは医師による切開手術でなければ除去できませんが、綺麗に術痕を残さない形で肌が完成されます。ただし注意点として大きく隆起していれば、それだけ術後のケアに時間がかかる事になるので、ほくろ見つけたら可能限り早く医師に相談しましょう。早めの相談は病理検査で病気の早期発見もでき、手術費用も抑えられるメリットもあるため、早急な相談は治療の大きな助けにもなります。この様にほくろの大きさは切開手術において重要な要素で、大きさが20mmを超えると施術費用と術後のケアに大きな違いがでてきます。20mmまでの切開手術治療費は3万円前後で、20mm以上は5万円以上の手術治療費になるので、経済的にも計画的な受診が必要です。ただし高額な治療費でも受診機関によっては、健康保険適用の範囲で治療してもらえるので、治療費は最大でも30パーセント負担にまで軽減されます。ですので、ほくろが大きい人は、健康保険の適用ができるかどうかを受診機関に確認した上での相談が最適です。確認ができたら次に手術後の入院の可能性を必ず問い合わせて、生活への影響の確認をしてからの予約を強くお勧めします。切開手術の規模によっては手術時間が30分程で、当日に帰宅できる場合もあり忙しい方は対応できる機関での受診がお勧めです。ただしどんなに小さな手術規模でも、皮膚を切開しているので患部が塞がるまでに必ず1週間以上の時間がかかる点を留意してください。その間は定期的な通院で適切な処置を行い、患部に関する生活の注意事項も伝えられるため、必ず医師と密度の濃い連絡体制を築いておきましょう。多くの病院では切開手術の翌日の通院が定例化し、さらに抜糸時期の通院の説明を受け術後の対応をしていきます。20mm以上のほくろ除去を想定するならば、術痕が細い線になって目立たなくなるまでに凡そ1か月掛かります。その後1年近くになると皮膚の模様と同化し分からなくなるので、この時間を鑑みてもほくろの早期発見と医師の相談を円滑に行うように改めてお勧めします。この様に円滑な手術除去には医師との協力体制が不可欠ですが、より確実な除去手術を行うためには事前の血液検査が必要です。血液検査で貧血の恐れがある場合は、それを事前に治療した上で手術を行う必要があり同時に追加費用も発生します。目安としては1万円前後になり、この費用は保険適用外の治療になるケースが多いので、より詳細な予算計画を立てる必要があります。

Top